ピックアップ

自分の人生をこれだけ応援してくれる研修は初めてでした!

自分の人生をこれだけ応援してくれる研修は初めてでした!
位田 正美(いだ まさみ)さん
株式会社M・accomplir~エム・ アコンプリール~代表取締役

10年継続されてきた事業を2012年の5月に株式会社化された位田正美さん。オールハンドエステ・彫刻リンパスクール・オールハンドエステサロン・サロンコンサルティングを通じてセラピストとしての女性の自立支援活動をなさっています。 そんな位田さんのご活躍の秘密をお聞きします。

パーソナルバリューポイント エピソード1・2・3 
25期(2011年5月スタート)

――数多くの研修の中で、ドリームインテリジェンスを選ばれた理由はなんですか?
一番最初のドリームインテリジェンスさんとの出逢いは、同じく受講生の吉川聖弓さんのブログを通じて、久保さんの著作「やるからできる」を知ったことです。そこに書かれている“あり方”“生き様”といったモノにすごく共感し、「一生本になりました」とスタッフの方にメールを送らせてもらったのが始まりでした。

私の仕事は、自分でセラピーをやるのと同時に、他のサロン様の経営コンサルティングも行っています。経営に関わることなので、やはり事業運営に必要なスキルを自分で学んだり、(コンサルティング)の生徒さんにもスキル的なモノを多く勧めていました。でも、スキルばかりではなく、強い経営・自己確立のためには、もっと土台になるモノを必要だと思っていた時のことでした。まさに、運命の出逢いです(笑)すぐにメールを送り、コンタクトを取りました。

しかし、なにぶん九州なので、なかなかリアルでお逢いすることは叶いませんでした。そのうちに、娘の東京進学や、東京での生徒さんが増えるようになり、私自身も東京に行く機会が恵まれるようになりました。

そしてとうとうリアルに久保さんたちとお逢いでき、主に仕事のことですがいろいろとお話しさせていただいて、す~~っごく親しみやすいと感じました。その後、北九州で講演をしてもらい、ついに私もパーソナルバリューポイント エピソード1・2・3を受講させてもらいました。
――パーソナルバリューポイント エピソード1・2・3を受講して変化してことはなんですか?
人とのご縁・つながりをあらためて感じました。私は、九州から単身アプローチしてきた人間だったので、最初は、ドリームインテリジェンスさんに、知り合いという方はいませんでした。そういうこともあり、実際に受講する前に、何度かイベントに関わらせていただきました。すると、そこにいらっしゃる方はみなさん本当に温かくて気持ちの良い方ばかりでした。ここだったら大丈夫だろうなぁって感じて、安心したのを覚えています。

受講してみて感じたこと。私の25期は20名を超える大所帯でしたが、みなさん一人ひとりがご自分の価値を上げようと必死で受講を決意した方ばかりでした。でもね。みなさん本当に温かいですんよね。久保さんの教えもあると思うんですけど、“応援する人が応援される人”ということをみなさんが無意識レベルで実践されている。みなさんが、私が今やっていることを認めて、協力してくれて、応援してくれて。あの時の心強さは、言葉に出来ません。

講座が終了した後の、同期との交流は宝物ですね。修学旅行といって、みんなでパワースポット巡りをしたりもしました。同期以外でも、いろんな期の方とお逢いする機会が増えて、みなさんパワフルだから、私もどんどんパワフルになって、加速しすぎてスタッフに「ちょっと待ってください」って言われることもあります(笑)
――パーソナルバリューポイント エピソード1・2・3で印象に残っていることはなんですか?
たくさんあるのですが、特に印象的なのが“自己開示”と“マザー・テレサの言葉”でしたね。

講座の中で、みんなが応援し合おう!支え合おう!という雰囲気になって、私ももっとみなさんつながっていきたいと思って、普段あまり人に言わないことをあえて“ 自己開示”しました。私は、今までいろんな事があったし、実際に事故に3回遭った経験がありました。その話をしたら、後にパートナー選びで一緒になる待山弘さんが「よく生きていてくれたね。生かされているんだね」とおっしゃってくれました。涙が止まりませんでした。

さらに、“マザー・テレサの言葉”をシェアする時間がありました。彼女の「どんなに打ちのめされても、与え続けなさい」という言葉に、「そうか」って共感してまた涙が出てきました。すると、久保さんと佐々木絵美さんから、「そういうところで泣くのは、今まで本当に頑張ってきた証拠だよ」という言葉をもらって、また号泣でした(笑)

自分自身の“土台”や“あり方”をつくるのって、こうやって人から応援してもらったり、自分で自分を応援することなんだって感じました。もちろん、そのためには人のことも全力で応援することが大事になってきます。

ちなみに、「パーソナルバリューポイント エピソード1・2・3の改善点は?」って聞いてもらったんですが、私の場合、本当に特に何もないんですよ。すいません。って謝るのも変ですよね(笑)
――今後の目標はなんですか?
私は、パーソナルバリューポイント エピソード1・2・3 30期のアシスタントをやらせてもらいました。その中で、“チーム支縁(しえん)”というチームを組みました。メンバー全員で、東北の被災地で自分たちで出来ることでのボランティアをしたのです。主に、瓦礫撤去作業とかですね。決して、行っただけの自己満足では終わらせずに、一生懸命お役に立てることを考え、今後の雇用創出につながればと思いました。

こういうことを考えるようになったのも、自分自身が夢を叶えたことが大きいです。昔、全然貧乏だった頃に、キャリーケースをごろごろ回して、世界を飛び回ることを夢見てました。今思うと、それが叶ったんですね。自分のやっていることで社会に貢献したいと思っていたら、海外からご指名を受けることがありました。もちろん、日本の各地からもご依頼をいただいております。さらに、たくさんの生徒さんたちの信用やアカデミーの信頼のために周りから薦められ、事業を始めてから11年目にして株式化も果たしました。そんな日々を送れているからこそ、大好きな仲間たちと自分の出来ることで、もっともっと世の中に貢献していきたいと思っています。ドリームインテリジェンスは、そんな私をいつも応援してくれています。


エステサロン開業 エステサロン オールハンドセラピストアカデミーPlaisirプレジール

オールハンドセラピスト位田正美のブログ
今を輝くPVP受講者一覧へ戻る Personal Value Point
ページトップへ